読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲真の時事コラム

哲真です、時事に関することを中心に展開するブログです。

旅を案内したり、様々なことを教えてくれます。

時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添う。
漠として定かではなかった象徴にかたちを与えたのは、皇后さまを伴走者に遠隔の地や島々への旅もいとわぬ天皇陛下の活動だった。
それゆえ、象徴としての活動が維持できなくなったとき、静かにその地位を退き、次代に役目を託すべきではないか。
陛下が具体的に言われなくても、おのずと答えは導き出される。
活動ができなくても摂政を置き、天皇は在位しているだけでいいという意見もあるだろう。
しかし、それでは天皇陛下が言われたようにその立場に求 められる務めを果たせぬままになってしまう。
そんな状況に置かれた天皇は、陛下が作り上げ、われわれが親しんできた象徴のかたちとは別物である。
皇室典範は超高齢化社会を想定していない。
摂政自身が高齢化することもあり得るし、天皇よりも次世代が先に亡くなってしまう可能性もゼロではない。
戦後間もない皇室典範立案の審議で、退位を否定する論拠に国民が退位を望んでいないがあった。
確かに当時の世論調査などでは大多数が昭和天皇の在位を容認していた。
天皇の地位は主権の存する日本国民の総意に基くとした日本国憲法第1条にも合致する。
であるならば、平成の象徴のかたちに親しんだ国民の総意が退位容認となったとき、それに沿うのも理であろう。
象徴天皇の務 めが常に途切れることなく続いてほしいという言葉は重い。
活動を除外して名ばかりの天皇を象徴とすることは、天皇を非人格的な神とあがめた戦前と同じではないか、ということさえ含意しているように思える。
お言葉が法改正論議を促すことになれば憲法の枠を踏み超えたとの批判も受けるだろう。
ではでは、最後は「農業体験のツアー」の情報で〆ます。
農業体験ツアー
徐々に人気が出てきて、ご夫婦での参加、子供を連れてのファミリーはもちろん、若い方も多く参加しています。
こうした体験を紹介してくれるサイトはいくつもありますが、その中でも、是非お勧めしたいのが【TABICA・たびか】なんです。
【TABICA・たびか】では、実際にその地域に住んでいる方が案内人となって、旅を案内したり、様々なことを教えてくれます。

そんなフラバンジェノール配合の化粧品は、多くの女性のお肌をプルプルにしています。

同月上旬に谷垣氏続投を与党幹部に明かしていた首相。
事故を受けてもこの方針は全く揺らいでいなかった。
党を押さえ込んで政権を運営する安倍1強は谷垣氏が首相官邸の意向をどんどん受け入れてくれたことで成り立ってきた。
首相周辺は谷垣氏の交代は政権のバランスを崩しかねないと分析していた。
だが、入院直後から谷垣氏は幹事長は続けられないと固辞し続けた。
首相は直接会って、症状を確認したいと望んだが、谷垣氏側から会える状況ではないと断られた。
その一方で、谷垣氏は症状を一 度公表しただけで、あとはふせ続けた。
人事の検討作業に影響を与えかねないと双方が懸念したとみられる。
内閣改造・党役員人事が3日後に迫った7月31日。
首相は面会を諦め、谷垣氏に電話した。
9月の臨時国会まで代行を置くので留任をと頼んだが他の人にしてほしいとかたくなだった。
意志があまりにも固かった。残念だ……。
翌1日、首相は周囲に悔しさを隠さなかった。
入院中の谷垣氏は3日、改造・党人事の顔ぶれを新聞で読みながらこう語った。
まあ、いいんじゃない。
7月31日、谷垣氏に電話で続投を断られた首相は、夜に総務会長の二階俊博氏に電話し幹事長就任を打診し、二階氏はすぐに応じた。
政権内では二階氏への警戒感は強かった。
事前に二階氏起用を聞 いた側近は首相にただでさえ剛腕政治家だ。
人事やカネまで渡していいんですかと進言した。
じゃあ誰にすれば良いと思う?。
首相の反論に側近が口ごもるとほら、他にいないでしょと畳みかけた。
最後は新着情報に関して。
フラバンジェノール
そんなフラバンジェノール配合の化粧品は、多くの女性のお肌をプルプルにしています。
コラーゲン入りのはちみつは、化粧品に1滴加えて使用すれば、それはもう、しっとりもちもちのお肌になると評判ですね。
特に夏場は、冷房でお肌がカサカサになりますが、内側から潤ったお肌に整えます。
また、シャンプーやコンディショナーなどいろいろな物に使えるので、お肌だけではなく紫外線のダメージを受けた髪の毛も、しっとりまとまります。

お外で食べる釜焼きのピザと遜色ない、とっても・とっても美味しいピザだったんです。

当選した伊波洋一氏の主張は基地反対の一点張りだった。
それに対し、こちらはやはり暮らしが大事だと訴えたが、地元紙にあまり取り上げてもらえなかった。
ただ今回は若い人が支持してくれた。
多様なニュースに触れることができる方 々の多くが支持してくれたと感じる。
閣僚という責任ある立場での発言は大変気を使うものだった。
一方で、候補者としてはマシンのように訴えなければいけない。
県民一人ひとりとじかに会って話をし、今どういうことを有権者は考えているのか、沖縄県としてどういう問題を抱えているのかを聞き、どういう解決策があるのかを考え続けることは政治家の基本だ。
限られた選挙期間で過去の実績をもっと県民に知ってほしかった。
ひとえに政治活動が足りなかったとは言える。
敗因の一つは野党共闘だ。
安倍政権を打倒するという意味での野党の共闘が福島に限って言うとそれなりの成果を上げたと思う。
私にとっては非常に残念な結果になった。
もう一つは、できるだけ多くの有権者 に会って支持を訴える草の根の選挙をする時間が足りなかったことだ。
閣僚になり国会に縛られる時間が多く、以前のような活動ができなかった。
選挙戦では法相としての実績はとりわけアピールしなかった。
法務行政そのものが地道なもので、有権者の判断基準にはならなかったのではないか。
力を入れて訴えたのは復興だ。
前回当選した2010年と違い、福島は東日本大震災で被災し、依然として9万人近い人が避難している。
震災という特別な課題を抱えるなか、復興の加速がメーンの課題だった。
自民党が政権を奪還してから福島の復興には実績を上げてきたと考えている。
では、推奨サイトをご紹介します。
冷凍ピザの通販なら間違いなくココがお勧め!激うまっ…デスよ
http://www.xn--t8j4aa4n1jlgq08tbfay923cygh.net/
まるで近所のピザ専門店で食べてるような感覚の冷凍ピザ…
お外で食べる釜焼きのピザと遜色ない、とっても・とっても美味しいピザだったんです。
1枚1枚の生地を、しっかりと手伸ばし…最高550度に達する専用石窯で、じっくり焼きあげられたピザを独自の製法で瞬間冷凍…

近年は非鉄メーカーが多い欧州への販売に力を入れている。

銅の加工は塊を引き延ばして、表面処理や切断を経て薄い板やシートに仕上げる。
生田産機の機械は半製品を作る粗削りの段階に位置する。
電子部品が精密化するほど半製品で不純物の少ない表面加工が重要になる。
様々な銅加工の機械を手掛けるが、中でも面削機と呼ばれ、銅の板の表面をカンナをかけるようにツルツルにする機械では国内シェアをほぼ独占する。
機械の内部には1~2メートルの筒状の工具が入っている。
工具に付いたギ ザギザの刃で銅の表面を滑らかにする。
生田産機の強みはこの面削機に徹底してこだわった点だ。
これまでは機械のみを手がけ、取り付ける工具は外部から調達していたが、内製に切り替えた。
筒状の工具の刃の部分にはダイヤモンドのように硬い超硬工具を取り付けてある。
伏見にある工場では熟練の職人が10時間をかけて銀を溶かしたろうで一つ一つ刃となる部位を取り付けていく。
まさに一点物の受注生産だ。
工具の刃を研ぐ機械も生産する。
加工機、工具、刃を研ぐ機械の3点を取りそろえる。
加工のエキスパートとして国内の主要銅メーカーの大半と取引する。
国内で高いシェアを占めることに満足せず、海外開拓に力を入れる。
ニッチな事業であるため、国内での右肩上がり の成長は見込めないためだ。
海外では高品質の加工機の普及はこれからだ。
従来も輸出してきたが、機械や工具の整備も必要で現地に拠点がないと対応できない。
2002年に中国・蘇州に工場を構え、主に現地の銅メーカー向けの機械を供給している。
近年は非鉄メーカーが多い欧州への販売に力を入れている。
トルコに進出し、5月にイスタンブール近郊に工場を開設した。
同国を選んだのはコストと欧州への距離の近さだ。

そしてしっかり水素を発生してくれるので、長風呂の私でも全然問題なし!

保険料が割安な保険会社なら、ほかにもあるから。
定期死亡保険への加入を検討する30代の男性はネットで複数の生保の見積もりを比べながら、こう話 す。
例えば、30歳の男性が10年満期の定期死亡保険に入る場合。
ライフネットの保険料が月1230円なのに対し、アクサダイレクト生命保険も1240円とほとんど同じ。
オリックス生命保険楽天生命保険など、割安感を売り物にする後発組が増えるにつれ、ライフネットの存在感が薄れている。
新契約から解約・失効を除いた純増数は2015年度が約1万件と、ピークの11年度から8割以上減った。
失われた勢いを取り戻そうとライフネットが力を入れるのが販路の多様化だ。
ネットでは分かりづらいので、スタッフがご説明させていただきます。
都内の保険ショップほけんの窓口では病気などで働けなくなった際に給付金が出る就業不能保険を勧める販売員の声が響く。
ネット販売と対極の対面販売だ が、実はこの商品を全国300店以上で取り扱う。
ライフネットの岩瀬大輔社長はほかにも店頭で取り扱ってもらえる代理店と協議を進めていると明かす。
足元ではネット販売の比率が7~8割程度まで落ちているとみられる。
だが販路の拡大はもろ刃の剣でもある。
代理店に販売を委ねるほど、実績に応じた手数料が生じる。
販売効率を示す1契約あたりの営業費は15年度で5.1万円程度に上り、11年度よりも1.5万円程度多くなった。
ある外資系の証券アナリストは強みである販売効率が薄れかねないと警鐘を鳴らす。
ライフネットは第三者割当増資の引き受けで筆頭株主になったKDDIとも4月からスマートフォンを使った保険のネット販売に乗り出した。
ではでは、最後は「水素水お風呂」の情報で〆ます。
水素水風呂
スパーレEXは充電4時間でしっかり充電することが出来るんです。
そしてしっかり水素を発生してくれるので、長風呂の私でも全然問題なし!
しかも……お部屋でもお水を入れてスイッチを押すと、水素ディヒューザーしても使えるんです。

ただし開封してしまった後はできれば2か月以内に使い切るようにしましょう。

先物の短期売買で重要なのは、需給の分析です。
そのとき、一番重視していた需給データのひとつが裁定買い残高の変動です。
裁定買い残高は、主に外国人投資家による株価指数先物の投機的な売買動向を類推する上で有効です。
外国人が先物を買うと、先物が現物に対し一時的に割高になるので、裁定業者が先物売り・現物買いの裁定取引を実行します。
すると裁定買い残高が増えます。
一方、外国人が先物を売ると、先物が現物に対し一時的に割安になるので 、裁定業者が先物買い・現物売りを実行し、裁定取引を解消します。
すると裁定買い残高が減少します。
今の日本株の短期的な動きを決めているのは外国人です。
とりわけ、足の速いヘッジファンドなどによる先物売買が、短期的な急騰・急落に大きく影響します。
裁定買い残が増加するとき株価は上昇し、裁定買い残が減少するとき株価が下落する傾向が鮮明です。
90年代前半、私が売買に勝つ方法は裁定買い残高が減少を続けるときは、外国人の先物の売り圧力が強いとみて、先物の売り建てで攻め、裁定買い残高が上昇に転じるときは、外国人の先物の買いが増えるとみて、先物の買い建てで攻めることでした。
裁定買い残高は東京証券取引所が毎週発表しています。
グラフで見ると、今年 に入ってからの裁定買い残高の減り方は、08年のリーマン・ ショック時と同じくらい急です。
その意味で、今回はリーマン・ショック並みの規模で外国人が先物を使って日本株を売ったことがわかります。
今のように裁定買い残高が1兆円を割っているときは、ここからリーマン・ショック並みの危機が起こらない限り、さらに外国人が先物を売り込む可能性は低いとみられます。
オススメの情報をご紹介します。
ただし開封してしまった後はできれば2か月以内に使い切るようにしましょう。
とはいえ、リルジュのこの美容液はリポソーム化をしていることから温度変化で効果が落ちてしまいにくいことがわかっているので安心です。
ちなみに、いくら浸透させたいからといってイオン導入器などでリルジュを使うのは向いていません。
リルジュ

思った以上に身長に関わってくる可能性も充分に考えられます。

一国の経済規模を示すGDPは、政府の政策や企業の経営計画に生かすうえで最も重視される政府統計だ。
とりわけ 速報値の注目度は高い。
日本では、内閣府が約200の統計と聞き取り調査をもとに作るが、もとになる統計は役所ごとにばらばらだ。
鉱工業生産指数や家計調査など各月の数値が固まるのは1カ月後。
内閣府はそこから2週間でGDP速報値を作る。
各省庁の統計作成にかかる時間と手間がGDPの公表を後ずれさせる面がある。
2月、速報を巡る官民の認識の違いが表面化した。
経済産業省鉱工業生産指数の公表を午前8時50分から午後3時30分に変えると発表したのだ。
経産省はより詳細な分析を示すとしたが、民間はむしろ公表を前倒しすべきで、先進国の流れに逆行するなどと反発。
経産省は撤回した。
速報値に磨きをかける取り組みも後れを取る。
今年はGDPの作成基準を見 直す5年に1度の改定年。
見直しの柱は研究開発費の設備投資への計上だが、欧米主要国は2012~14年に対応済み。
米国やドイツなどはGDPの水準が上振れする影響が出ている。
先行きを読みにくい世界経済で、GDPの迅速な公表は国際標準だ。
EU統計局は4月、ユーロ圏のGDP速報の公表時期を繰り上げ、四半期終了の約45日後から約30日後に早めた。
これで欧米の様子はほぼ同時につかめる。
米国ではさらに早く知りたいというニーズがある。
ニューヨーク連銀は4月、実質GDP伸び率の独自推計の公表を始めた。
4~6月期の予測は2.2%増。
類似のGDP予測はアトランタ連銀が先行するが、経済の先行きを考える材料が増えるのは悪いことではない。
今日の気になるキーワードのご紹介。
それこそ、身長を伸ばす方法として牛乳だけで充分な子供もいるのです。
ただ、牛乳に関しては、カルシウムの摂取と同時にいつも熱を大量に産んでいる子供の身体を冷やしてしまい、胃腸の状態を悪くしてしまう可能性も、これからは考慮しておく必要があります。
そして、このように真剣に子供の身体に向き合い、考える事で、子供とのコミュニケーションが円滑に保たれていれば、子供自身が自分の事をしっかりと見て、守ってくれていると感じ、その安心感が更に精神的な安定を生んで、思った以上に身長に関わってくる可能性も充分に考えられます。
身長伸ばす方法

漢方のツムラというキャッチフレーズと共に、漢方にも力を入れてるメーカーです。

小沢さんが利用したサービステックキャンプの運営会社divによると、2014年11月の開始以来3千人以上が受講した。
7割が社会人で、職種別にみると営業や経営層、マーケティング、企画が上位を占める。
受講動機は今後必須のスキルになるため備えて、転職を見据えてなどが多かった。
あらゆるモノがネットにつながるIoTや人工知能などへの関心の高まりとともに、こうした講座は近年続々と登場している。
コードキャンプは、13年10月からサービスを始めた。
オンラインの学習サービスや、教室で指導を受ける プログラミング道場などを手掛ける。
7月までの累計で受講者は約1万1500人。
最高経営責任者の池田洋宣さんは商社や小売業などIT以外の業種の受講者も多い。
自分がプログラミングをするわけではなくても、新規事業の立ち上げなどでエンジニアと議論をする際に必要になってきているとみる。
国内のIT人材の不足は、学習ブームを今後いっそう過熱させそうだ。
経済産業省が6月にまとめた推計では15年時点で約17万人が不足している。
IT市場の拡大と人口減少が進み、30年には41万~79万人が足りなくなるという。
人材がIT企業に偏在しているのも課題だ。
情報処理推進機構のIT人材白書によると、日本ではIT人材の75.3%がIT企業に所属する。
欧州ではIT企業で働くの は47.6%にとどまり、半数以上はユーザーである企業にいる。
日本は欧米に比べ、転職が少なく雇用の流動性が低いという事情もあるが、同機構は日本企業は競争力を高める攻めのIT活用が足りないとみる。
現状を打破しようと、会社として社員教育に乗り出すケースもある。
最後に「防風通聖散痩せた」のおすすめサイトです。
防風通聖散痩せた
ツムラと言えば入浴剤がお馴染みですが、自然と健康を科学する漢方のツムラというキャッチフレーズと共に、漢方にも力を入れてるメーカーです。
ただしその反面、他の医薬品と一緒に服用する際は、身体に負担になる場合があります。
ですので、以下の要件を満たす方は、必ずお医者さん、薬剤師、または通販サイト販売社に相談して下さい。

そして2010年4月に北京で最後にお目にかかったのがまるで昨日のようですとも。

哲真(てっしん)です、宮崎は企画庁時代に政府代表として繰り返し中国を訪れた。
当時の国家計画委員会との交流の中で朱鎔基と知り合い、交流が続く。
1997年当時、日本では首相の橋本龍太郎が六大改革を進めていた。
行政、財政構造、社会保障構造、経済構造、金融システム、教育の 6つだ。
朱鎔基はこれに着目し、アジアの先進国の経験は中国にも参考になると読んだ。
副首相だった朱鎔基は宮崎を北京に呼び、橋本改革について質問攻めにした。
宮崎は特に行政改革で中心的な役割を担っていた。
98年3月、首相に就任した朱鎔基は三大改革を華々しく打ち出す。
行政、国有企業、金融の3つに絞った。
それは日本の改革理念をモデルにしていたが、一段と大胆だった。
中央省庁の人員を半減したのだ。
その後、朱鎔基は再び宮崎を北京に呼び寄せた。
本当にありがとうございました。
1年余りで完成しました。
抵抗はありましたが。
心からの感謝だった。
通訳を介して聞いた宮崎は耳を疑った。
わずか1年……。
そして通訳に聞き返した。
いま首 相はなんとおっしゃったのか。
1年と言わなかったか。
通訳が確認した。
1年余りで完成した、とおっしゃいました。
驚いた宮崎はじっと朱の顔を見返したという。
朱鎔基は弔電でこう述べた。
三十数年の長きにわたり終始一貫して中日経済知識交流会の活動に参加され、中国の地域発展、企業改革、行政改革などに素晴らしい提言をされました。
中国経済の発展に大変大きな貢献をされ、中国人民の尊敬を集めておられました。
最大の賛辞だった。
そして2010年4月に北京で最後にお目にかかったのがまるで昨日のようですとも。
しかし、これは公式の会談の話だ。
実は2人は3年ほど前、本当の最後のお別れをしていた。